中級だより2019/11月号

10月2日(水)、遂に、2019年度中級登山学校の修了式を迎えました!

受講生の皆さん、半年間本当にお疲れ様でした。修了おめでとうございます!

また、この間、中級登山学校を支えてくださった、コーチ、アシスタントコーチの皆さま、公私ともにお忙しい中、協力いただき本当にありがとうございました。改めまして、深く感謝申し上げます。

当日は、まず19時半から修了式。大森校長から受講生一人ずつに修了証が渡されるたびに、その生徒さんとの思い出が胸に湧き上がってきたり、自分たちが修了したときのことを思い出したり、と参列している側もしみじみしながら見守ります。

園理事長からも温かい激励のお言葉をいただき、修了生は皆さん、アルパインクライマーの入り口に立ち、覚悟と決意を新たにされたようです。

 続いて。20時からは生徒さん主催の謝恩会です!

生徒さんはなんとお昼すぎから準備をしてくれたそうです!

20時前には続々と参加者が集まって溢れかえるような熱気の中、MANZAIコンビのような二人(長崎さん(ぽっぽ)濱中さん(このはな)の進行で始まりました。

今年のテーマは、“美人女将の居酒屋”。

昭和歌謡(!)が流れ、おいしいおでん、お寿司、飲み物、差し入れなどがいっぱいです。

スライドショーは今年も力作で、歓声と笑が絶えませんでした。

生徒さん一人ひとりからの感想と感謝の言葉、参加者全員からの修了生への贈る言葉や中級への想いが語られて、思わず涙ぐむ人も。

こうした人の出会いの積み重ねで中級ができていることを改めて感じました。

 締めくくりには、事務所の外でそっと静かに中級恒例の校長の胴上げ!大森校長をはじめ運営の皆様、1年間本当にありがとうございました。温かく、時に厳しく指導していただいたことに、心から感謝申し上げます。

 お忙しい中出席くださった皆様、本当にありがとうございました。

 修了生の皆さん、来年はいよいよスタッフです。大変なことも多いと思いますけど、みんなで助け合って頑張ってください。

 2019年度中級登山学校の便りは、今回が最後になります。1年間読んでくださってありがとうございます。来期のスタッフにもお力添えを何卒よろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。