岩登り体験教室に参加しました

11月6日に開講した岩登り体験教室に、スタッフとして参加してきました。
数年ぶりに開講したこの教室、元々中級修了生のリードデビューの場だったとか。

11月14日は、宝塚駅に集合してバスで蓬莱峡へ。
生徒さんは初めての外岩で緊張の面持ち。中級登山学校の1回目の実技を思い出しました。

生徒さんに付いて早速岩登り開始。


蓬莱峡は初心者向けのゲレンデで、エンジョイクライミング。
同期の何人かは、トップロープでのリードの練習も実施。
股からぶら下がる2本のロープの重さ、引き上げシステムの構築、
フォローのロープを引き上げる大変さ、全てが初体験です。


どんどんリードを練習して、憧れの岩場に自力で行きたいものです。
生徒さん達も楽しそうに登っていました。

12月1日は道場駅に集合して百丈岩へ。
3人づつのパーティーに分かれ、めいめい岩場へ散らばっていきます。
百丈岩は先週の蓬莱峡と比べると、マルチピッチでアルパインチック。
同期の何人かはリードを体験しました。


どのルートをとるか、どこから支点をとるか、ロープの流れは大丈夫か等、
リードは気にすることが多くて大変です。楽しいけど。

2回目の外岩で生徒さんたちは楽しそうに登っています。
ピークに着くと、周りの山々では綺麗な紅葉が広がっていました。
生徒さん達は必至に登って気づいていない様子。
中級の生徒の時は、景色なんて見る余裕なかったなぁ。

最後の感想では、中級に行きますと言う嬉しい感想も。
来年の中級登山学校では、スタッフとして頑張らなければと、
改めて気持ちが引き締まりました。

道場駅に戻ってからは駅前で打ち上げ。
大北商店で仕入れたお酒や食材でわいわいやりました。
会を超えた山仲間の繋がりはやはりいいものです。


来年まもなく始動する42期中級登山学校、
みなさんも参加して素敵な繋がりを作りませんか?